EDとは…

Erectile Dysfunction(ED)とは勃起障害や勃起不全と呼ばれ、男性特有の病気の一種です。

勃起の機能が衰えることにより起こる症状で、日本人男性でもこの症状が増えてきていることでも知られています。

ED(勃起不全)と聞くと全く勃起をしないとう印象がありますが、実はそれだけではありません。

完全に勃起をしない状態はもちろんですが、陰茎が起ち上がるまでに時間が掛かってしまったり、持続した勃起が難しい場合や、挿入できるけど中折してしまうといった場合もEDの可能性があります。

このようなEDの症状で困るのは何よりも満足のいくナイトライフが送れないことです。

日本でも20歳以上の男性の内、4人に1人に「ときどき性行為ができない」といった中度以上の勃起不全(ED)の症状が現れています。

さらにEDに悩む人の割合は40歳以上で増加しており、60歳以上には半数の割合でEDを自覚しているそうです。

EDの原因

一般的に、男性は年を取れば取るほどEDになる可能性が高いと言われていますが、最近は年齢だけが原因ではないことが分かってきています。

自分でも気づかない内にストレスを溜めてしまっていたり、不規則な食事が続いたり、車通勤のために起きる運動不足、連続した飲酒、タバコなど日々の生活のパターンが勃起不全(ED)の大きな要因となっています。

結果、近年では20〜30代のED患者も増加傾向にあると言われております。

また、高血圧・高脂血症・糖尿病などの成人病の人はさらにEDになる確率が高いとも言われています。

ED治療薬

ED治療薬の効き目は79%を超えるとも言われています。

この79%以上という数字には重い症状の人も含まれていますので、健康な人だけの数値ではその有効率は95%以上に上るとも言われています。

勃起不全に悩むたくさんの男性の悩みをED治療薬が解決してくれており、60歳を超える年配の方でも「10〜20代の若い頃に戻ったようだ!」と言う人もいるほどです。

ただし、勃起不能改善治療薬は飲めば良い、というものではなく、薬を飲むタイミングもとても重要です。

一般的なED治療薬は完全な空腹状態で服用しなければ、効用がかなり小さくなってしまいますので、覚えておくのが良いでしょう。

これを遵守していれば、勃起不能改善薬は有用性の高い、非常に優れたお薬なのです。

このページの先頭へ