レビトラの効果

勃起はcGMPという物質が性的興奮によって細胞内に増えることで血管を拡げ、勃起が起こります。

しかしcGMPを壊すPDE-5という酵素がしばらくすると分泌されることで広がった血管が収縮し、勃起を抑えるのです。

EDの場合は勃起を治まらせるPDE-5の働きが強すぎるため、勃起する前にcGMPが壊されてしまうので勃起がしづらくなるのです。

レビトラはこの酵素(PDE-5)の働きを阻害するため、男性器の勃起をサポートしてくれるのです。

食事の影響を受けない

レビトラという勃起薬は飲食による影響を受けることが少ないと言われます。

しかしながら影響がゼロというわけではないのです。

影響を受けない食事にはある一定の条件があります。

レビトラを製造するドイツのバイエル社の資料によれば、「標準的な食事」の影響は受けにくいとされており、加えて「総エネルギーの内、脂肪の割合は30%」ともされています。

標準的な食事について栄養学的見解からは、成人した男性でおよそ1食700kcal。

その内30%の脂肪ということは、脂肪の割合が210kcalまでであれば「影響を及ぼしにくい食事」といえます。

食事のあとにレビトラを飲む場合は総エネルギー700キロカロリー、脂肪210キロカロリーが上限だということを覚えておいてください。

効果持続時間

レビトラは飲食による影響を受けないと言われていますが、全く影響が無いというわけではありません。

レビトラ製造元のバイエル社によると一般的な食事では影響は受けない、と言われています。

また、一食における総カロリーの内脂肪分の割合は3割まで、という条件も提示されています。

成人男性の1食あたりのカロリー計算で言うと栄養学としては700kcalが1食分です。

その内3割の割合が脂肪分の許容範囲ですから、210kcalまでであれば条件を満たす食事というわけです。

レビトラを食後に服用する際は、一食あたりの総エネルギーが700、脂肪は210キロカロリーまでということに注目するようにしましょう。

このページの先頭へ