タイミング

即効性が高いレビトラは、服用からおよそ20分ほどで効き目が出ると言われています。

そして、最高血中濃度に達するまではおよそ40〜50分程度とされています。

そのため性交渉の30〜40分前のレビトラの服用で、理屈では問題がありません。

個人差がありますので、レビトラが効果を発揮するまでの時間、そして血液中の濃度が最高に達するまでの時間はその人によってバラバラです。

そのため前述の時間より効果が現れる時間が遅くなる場合もあります。

確実にレビトラの効果を得たい方はセックスの60分以上前に飲むことをオススメします。

また、バイアグラに比べるとレビトラは食jの影響を比較的受けないと言われていますが、レビトラも最大の効果を得るためにはやはりお腹を空腹にしておくべきでしょう。

食後に服用する場合は、脂肪分の少なくカロリーの低いメニューを選ぶようにしましょう。

服用量

レビトラにはレビトラ5mg、レビトラ10mg、レビトラ20mgの3種がありますが、この内数字の一番小さい5mgは効果が他と比べて低いことから取扱が少なく、10mgまたは20mgのどちらかが基本となります。

レビトラの10mgと20mgどちらを飲めばいいかはお医者様との相談の上決定されますが、10mgでレビトラの効果を体感出来る方には20mgが服用しなくても良いと思われます。

20mgのほうが高い効果が期待できますが、10mgで効果が出る場合はレビトラ20mgを飲んでもさほど違いはありません。

それどころか、20mgで体が慣れてしまうと10mgの方では効果が感じられなくなってしまったり、副作用が強く出てしまう可能性もありますので、出来る限り小さい数字からレビトラを試してください。

飲み物の影響

レビトラの服用方法は原則として水と一緒に錠剤を飲みますが、お茶やジュース、お酒でも問題ありません。

ED治療薬にかぎらず薬によってはお酒で薬を飲むと効き目が強く現れたり、逆に弱くなってしまうといった場合もあると言われますが、レビトラはこれまでそうういった症状は認められておりません。

むしろ少しのアルコールでリラックスできる効果が期待できるため、EDを改善するには良いと言われることもしばしばあります。

しかしながら飲み過ぎ・食べ過ぎには注意しましょう。

また、グレープフルーツジュースでの服用は避けてください。グレープフルーツの「フラノクマリン酸」という成分が薬の吸収率を高めてしまうため、予想していない副作用が発生してしまう恐れがあります。

グレープフルーツジュースでED治療薬を飲むことは非常に危険とされているので絶対にやめましょう。

このページの先頭へ