軽度の副作用

レビトラの副作用として確認されているものとしては、目が充血する、頭が痛い、顔のほてる、動機、鼻づまりなどがあります。

特に顔のほてりや目の充血は、副作用の中でも現れやすい事例とされており、多くの服用者が体験しています。

こういった軽程度の副作用は、レビトラの血管を膨張させる効果によって引き起こされているものです。

副作用という言葉を聞くと心配になることも多いですが、これらは人体に大きな影響を与えるものではなく、薬が効いてきた証拠だと気にしていない服用者がほとんどです。

頭痛が気になることもありますが、市販の頭痛薬を併用しても問題はないとされています。

その他の副作用

レビトラの副作用については、他のED治療薬でも多くの人が感じる軽度なものです。

レビトラには前述の副作用以外にもいくつか確認されている副作用があります。

例として光に対する過敏症、消化不良に対する過敏症、下痢や胃腸の不調、背中の痛みなどが挙げられます。

こうしたレビトラの副作用は4〜6時間程度で沈静化することがほとんどですが、個人差もありますので場合によってはそれ以上持続してしまうこともあります。

レビトラを飲んだ時にこれらの副作用が長く続くようであれば一度医者に相談に行ったほうが良いでしょう。

レビトラが体質に合わないことも考え、他のED治療薬を試してみることも推奨致します。

併用禁忌薬

併用禁忌薬とは一緒に飲むと何らかの体調不良・危険が伴うお薬です。

一つ一つは効果が認められたお薬でも、同時に併用すれば重篤な副作用が現れてしまうこともあります。

これを避けるために特に危険な薬については「併用禁忌薬」に指定されています。

レビトラにも併用を禁止されている禁忌薬があります。

そのためレビトラを飲む時には自分の今飲んでいるお薬について必ず確認してください。

また別の病気で薬を処方してもらう場合もレビトラを飲んでいることを必ずお医者様に報告するようにしましょう。

レビトラを使用できないケース

ED患者の中でレビトラを服用できないケース

・6か月以内に脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などの疾病を患った人。

・血液透析が必要な腎臓障害のある人。

・QT延長症候群である。

・低血圧や高血圧のある人。

・不安定狭心症の方。網膜性色素変性症の人

・レビトラの成分に対して過敏症の既往がある人。

・女性。

・未成年の人。

※大きな持病のある人は体に負担がかかる原因となるので病院やクリニックで相談するようにしましょう。

このページの先頭へ