レビトラ詳細

ED治療薬として世界初の認定を受けたバイアグラの他にも、日本では3種のお薬が勃起不全改善のED治療薬として認可されています。

2番目に世界でED治療薬の認可を受けたお薬がレビトラです。

レビトラは2003年にドイツのバイエル社という会社が発売開始し、2004年に日本で正式に承認されました。

レビトラという名前はフランス語の「le」という男性定冠詞と、ラテン語で「生命」という意味の「vitra」という単語を組み合わせており、Le vitra で「男性の生命」を表現しています。

レビトラのパッケージには炎のロゴが描かれていますが、この炎はマッチの炎ををモチーフにしています。

マッチをこすれば即座に火が着く点に着目し、レビトラの即効性を表現しています。

成分

レビトラの主な有効成分はバルデナフィルです。

バルデナフィルは勃起不全の要因となる酵素(PDE-5)のはたらきを邪魔する要素を持っています。

このバルデナフィルのはたらきが男性器の正常な勃起状態をサポートするのです。

レビトラには10mgと20mgの2種類があり、この数字はそれぞれの有効成分バルデナフィルの含まれている量です。

レビトラ20mgには「バルデナフィル塩酸塩水和物」が23.705mg含まれている中に、バルデナフィルが20mg入っているということです。

レビトラ10mgにはバルデナフィルが10mg入っているという意味です。

なお、5mgもありますが、あまり効果が高くないという点から取り扱っているところがあまりありません。

バルデナフィル塩酸塩水和物が少々黄みのある白色の結晶性粉末なので、レビトラの錠剤の色も黄色いのです。

また水に溶けやすいので、日本で承認済の3種のED治療薬の中で、最も最高血中濃度に達するまでの時間が短く、最も即効性のあるED治療薬がレビトラとされています。

バイアグラとの違い

レビトラの服用のタイミングはセックスの約10分〜60分前です。

レビトラを飲むタイミングはご自身に合わせて自由に飲んでいただけます。

因みにバイアグラは性行為の1時間前に服用しなければいけないという縛りがあります。

さらにレビトラは食事による影響が出にくく、どんな食事をしても構いません。

しかし食べ過ぎには注意が必要です。

一方、バイアグラはとにかく食事の影響を受けやすいと言われているので、出来る限り完全な空腹な状態で飲むのが良いと言われています。

またバイアグラの効果時間は6時間で、それに比べてレビトラは最長10時間という長さが売りのED治療薬です。

レビトラの有効時間の長さは「一回の服用で長い時間の性行為を楽しみたい」という人には有用です。

その場合はバイアグラよりレビトラです。

さらにはレビトラは20mgでバイアグラの100mgの勃起硬度と同等といわれています。

このページの先頭へ