バイアグラ詳細

世界一有名な勃起不全(ED治療薬)のバイアグラ。

アメリカのファイザー社が1998年に開発した世界初のED治療薬です。

発売当初は「夢の薬」として話題となり、日本国内でも個人輸入として入手する人が多く瞬く間に世界中に広がり話題となりました。

そして日本でも翌年の1999年に認可され販売が開始されました。

この1年後というスピード認可での販売の理由となったのがバイアグラでの健康被害です。

バイアグラには一緒に服用してはいけない併用禁忌薬や服用時の注意事項があります。

ところが、その確認を怠ったため重い副作用や心配停止の事例が起きたため日本でも医師の処方を受けられるように承認販売することになったのです。

効果・効能

バイアグラは精力剤や媚薬とは違い、性的な興奮を増大することはなく何も刺激がなければ勃起はしません。

そのため、バイアグラを飲んだからといって常時立ちっぱなしはないのでご安心してください。

そもそも勃起というのは性器の海綿体に血液が集まることで硬くなります。

勃起が起こると静脈が圧迫されて血液が止まり勃起を維持します。

しかし、性的な興奮で必ず勃起をするわけではなく、また勃起をし続けるわけでもありません。

これは勃起を抑制する酵素であるホジエステラーゼ(PDE-5)が働いているためです。

つまりこのPDE-5酵素が過剰に働いてしまうことが勃起しない原因のひとつとされています。

バイアグラはこのPDE-5酵素に働きかけ勃起の機能を正常化させる効果があるため、EDの治療薬として効果的と言われています。

レビトラとの違い

レビトラをバイアグラと比べると、このお薬が優秀であることがわかります。

バイアグラよりも優れている点は、レビトラは、即効性が期待でき、飲食の影響も少ないということ。

そして、効果持続時間も長く勃起時の硬さもED治療薬の中で一番硬いとされています。

そして、この2つのお薬で一番の違いは、副作用の違いです。

レビトラは、頭痛や鼻づまりなどの一般的な副作用だけですが、バイアグラはそれ以外にも視界が青く見えるといった「青視症」という副作用も存在します。

知名度だけでいうとバイアグラは有名なお薬ですが、効果はレビトラの方が優秀かもしれませんね。

このページの先頭へ